22春夏 andPheb おすすめパンツコレクション part3!

ウエアハウス/WAREHOUSE

こんにちは。
アンドフェブのニシヤマです。

今日も大雨の中ご来店いただきありがとうございます!

雨ばかりで気が滅入っちゃいますが、
そんな時こそ服でも見て気分転換しましょう!
シャツもパンツもアウターも
おすすめ沢山ご用意してお待ちしております!!

 

さて今日は
昨日に引き続きパンツのおすすめをご紹介。
今日は自分着用のモノ、ドイさん着用のモノ、ヌクイさん着用のモノ
三者三様の紹介です。

PART1の記事はこちらでCHECK!! 

PART2の記事はこちらでCHECK!! 

 

 

 

 

まずは自分が着用しているニコルソンのボリュームパンツ。
ニコルソン好きな人なら知らぬ人はいない名品です。

深いワンタックが入っており
丸みの出る上品なチノ。
かなりワイドなシルエットなので
オーバーサイズのシャツと合わせたりするとおさまりが良いです。

 

生地はピーチドスキンという少し起毛したコットン地。
履きこんでいった時の表情もたのしみな生地です。

サイズはSサイズを着てます。
ウエストはこれがジャスト。
腰を落として履くならMサイズでもいいかも。
ここらへんは好みだと思います!
ぜひ店頭でお試しください。

 

 

 

 

 

お次はドイさん着用の1着。

シンプルな4ポケタイプのベイカーパンツに、オリジナルのデニム生地にて仕上げた一本です。
黒いステッチがネイビーらしい雰囲気を持ち、コーディネートし易い一本に仕上がっています。
やや太めのシルエットで、テーパードが緩くかかっているので
合わせやすい万能なデニムです。

 

デニムはオリジナルの9ozデニム。定番のペインターパンツなどでも使用している軽めのデニム使用。程よいネップが入っているのが特徴で、ムラのあるインディゴ糸の再現も見事。
使い込む事でインディゴは色落ちし、味わいを増して良い表情に変化していきます。
濃いインディゴなのでかなり経年変化が楽しめますね。
夏にも履けるライトオンスのデニム。
ぜひ。

 

 

 

 

WAREHOUSE ウエアハウス 1001 No.2 デニム ジーパン 1901 NO2 MODEL DENIM (1001-1901-NO2-MODEL)

 

最後はヌクイさんに来てもらったウェアハウスのデニム。

バックポケットが2つになった 1901年モデルで、ライトなデニムを使用した、通称No.2 デニム。
当然ヴィンテージを入手し、それを徹底解析して復刻した、独特な青みのある色合いが魅力のデニム。

ヴィンテージをもとに解析した結果、XXデニムとNo.2デニムのタテ糸がともに5.85番手なのに対し、後者のみヨコ糸がやや細い10番手を使っていることが判明。
また、このNo.2デニムならではのインディゴの青みを再現するため、通常の合成インディゴ染料ではなく、100%天然インディゴ(天然藍)を使用。
もちろん糸の芯まで染める「かせ染め」ではなく、ロープ染色しているため、中白のある天然インディゴデニムとなってます。

自分は詳しくわからないのですが
ドイさんが書いてくれたブログがとても面白かったので載せておきます。

WAREHOUSE No.2 DENIM ARCHIVE級

 

 

 

やっぱりチノパンやデニムがなんだかんだ1番履きますよね。
アンドフェブにはこれ以外にもいいデニムとチノパンがたくさんあります。
ぜひGWに履き比べに来てください!

 

ご試着お待ちしております!

 

では。

 

アンドフェブオリジナル通販サイト
【and Pheb Stor(E) — アンドフェブストア】
www.pheb.jp

 

【アンドフェブ楽天市場店】
https://www.rakuten.ne.jp/gold/smaclo/

 

【アンドフェブYahoo!ショッピング店】
https://shopping.geocities.jp/andpheb/

 

 

INTERIM

 


AUBETT

 

HERILL

 


MAINU

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました