orSlowのインディゴTシャツ D

オアスロウ/orSlow

こんにちは。

インディゴが好きなもので
本日は
オアスロウのTシャツとロンTを
ご紹介します。

 

もう暖かくなったので
昼間はTシャツ一枚でもOKですよね。

夏になるとTシャツが欲しくなる感覚。

Tシャツって気が付いたら
膨大な量になっている。
毎夏、結局何枚も買ってしまう

 

物欲の権化
それがTシャツです。

 

でも、シャツやパンツと違って
Tシャツはローテーションで出番が多い。
結局着ないTシャツって少ないんですよね。

Tシャツも、その年によって
気分が表れるものなので
今の気分なものは似たものでも何枚か持っていたい。

 

 

今回ご紹介するのは
皆大好きなインディゴ。
嫌いな人はいないのではないか?

 

 

オアスロウが毎年展開している
インディゴのTシャツ。

orSlow
INDIGO T-SHIRTS
(03-0014-01)

ポケTで、首回りが少し広めでラフな印象。

程良い肉感と、チラチラするインディゴ糸の風合い。
着込んでいくと色が落ちていってブルーになっていく。

Tシャツなのに経年変化が楽しめる。
良いですね。

着用サイズ L(3)サイズ
着用アイテム ・パンツ (03-5021-84)

 

サイズ感は程良くルーズ。
でもルーズ過ぎない。
大きめに着たければワンサイズアップ
ジャストで着たければワンサイズダウン
いつものオアスロウの感覚で選んでもらえればと思います。

 

 

orSlow オアスロウ インディゴ Tシャツ ポケT ポケット INDIGO T-SHIRTS (03-0014-01)

orSlow
INDIGO T-SHIRTS
(03-0014-01)

8,900円(税込9,790円)

 

 

 

 

続いてロンT。

ロンTは、ボートネックのバスクシャツ型。

orSlow
INDIGO BOAT NECK CUT & SAWN
(03-0011-01)

ネックが横に広いボートネック。
夏らしい爽やかな印象で
風通しも良い。

着用サイズ L(3)サイズ
着用アイテム ・パンツ (03-5021-84)

ここ数年は真夏でも長袖を着ている方をちらほら。
日差しが強かったり
冷房が強かったりで
夏こそ長袖が重宝するのです。

厚かったら肩から掛けてもサマになる。
これ、ずっと言ってるけどあまり浸透しない。
すごく簡単に洒落た感じでるので
本当にオススメなんですがね。

袖はそのまま長袖としても良いし
2・3回まくって着ても良い。
これも色落ちしていくのが楽しみですね。

 

 

 

インディゴ製品は色落ちしますので
洗濯には注意が必要。
最初はやはり単品洗いがいいですね。
洗濯機が心配な方はお風呂の桶などで
洗うといいと思います。

ある程度落ちちゃえばそこからは
わりと大丈夫。

気にせずガンガン着て
ガンガン洗う。

何年後かにはまったく違う顔を見せてくれます。

という訳で
今回はアメカジ回でした。

 

 

追伸
アメカジと言えば
東野幸治の、おじさまアラモード
毎回もどかしい気持ちで見ています。

では、また。
次回は木曜日か、金曜日に
今年買ったシャツをご紹介します。

 

D

 

 

フェブオリジナル通販サイト
【and Pheb Stor(E) — アンドフェブストア】

 

 

タイトルとURLをコピーしました