TENDER Co. Summer Coordinate 2.

本日は人気のテンダーを中心にコーディネートを。

圧巻の存在感と着心地。

真夏もこれから始まってきます。

ご検討中の方はぜひともご来店いただきご試着ください!!

それではどうぞ!!

SHIRTS:テンダー/TENDER Co. 英国製 ”RINSE WASH INDIGO WEFT LIGHTWEIGHT DENIM” テッセラクトシャツ TYPE 483 TESSERACT SHIRT LONG SLEEVE (483-LS-TESSERACT-SH-DNM) PRICE:45,000yen+tax

T-SHIRTS:フィルメランジェ/FILMELANGE 日本製 ”ディジー”クルーネックポケット付きTシャツ ポケT(FM-DIZZY) PRICE:9,000yen+tax

PANTS:キャプテン サンシャイン/KAPTAIN SUNSHINE 日本製 インディゴデニム リビエラショーツ グルカショーツ ショートパンツ RIVIERA SHORT PANTS (KS8SPT17) PRICE:24,000yen+tax

SHOES:アイランドスリッパ/ISLAND SLIPPER アメリカ製 レザートラベラーサンダル シャワーサンダル (PTS705) PRICE:17,000yen+tax

テンダーからテッセラクト(4次元立方体)と名付けられた2018年春夏の新型シャツ。

幾何学的な名前が付いた本作は、フロントのポケットデザインに特徴があります。シャツの前身頃の生地を長くとり、途中で二回折ってポケットを形成しています。その為、前立てからサイドシームまで横一直線の大きなポケットが特徴です。一枚生地なので縫い目がなく、丈夫な作りになっています。前立ての生地を重ねた部分がどうしても分厚くなってしまうので、コットンのヘリンボーンテープで抑えています。
初めてイギリスでインディゴデニムを開発しました。アメリカのリングスパン糸を、通常のデニムと同様にロープ染色し、インディゴの糸を緯糸(横糸)、ナチュラルの綿糸を経糸(タテ糸)に使用し、右綾で織り上げています。

通常、インディゴ糸が経糸、ナチュラル糸が緯糸なので、糸の方向を反対にして織り上げている事になります。着込んだ時には、縦落ちならぬ、横落ちする、珍しくもコンセプチュアルなオリジナルデニムです。甘く織り上げたデニムはライトで11オンス。表情も非常に面白く、他にはないテンダーらしいデニムに仕上がっています。

パンツにはキャプテンサンシャインのデニムリビエラショーツを合わせて気分はワイドに。

厚みがあり重さもある十分な穿き心地です。

サンダルにはアイランドスリッパのトラベラーサンダルを。

使い込んだレザーの表情も待ちきれません。

靴下などの上からも穿けるので利便性も高く重宝します。

スウェードのざらっとした肌触りが心地いいですよ。

それでは店頭でご試着を♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus