ワーカーズlot802。定番のスリムテーパード。

ワーカーズ/WORKERS

こんばんは。
アンドフェブのニシヤマです。

以前紹介したワーカーズの801。
同じく定番の802の紹介をします。

ストレートの801に対して
スリムテーパードの802。
すっきりしたシルエットで
細身のパンツが好きな方にはおすすめしたい1本です。

 

 

 

 

こちらはテーパード。裾から10センチ程度は裾幅を同寸にしているので、レングス30インチ程度までは裾上げしても裾幅が変わりません。

縫製はすべて綿糸。脇の割、左右の身頃を合わせる通称「小股」、ヨーク、帯付けは太番手の糸を使っています。綿糸で強度を出すための仕様ですが、これが結果としてセルビッジのデコボコとしたアタリ、ヨークの強いパッカリングを生んでくれています。
インディゴ染めにしても下染めでピュアインディゴとは違う味わいを作り出す方法もあるのですがそれらを行わず、米綿・ピュアインディゴにこだわりました。結果、出来上がった色味は青が強く私のイメージ通りになっています。

 

 

 

ワーカーズが本格的に製作したデニム。米国のアプランド綿を使ったデニム。
アプランド綿は極めてベーシックな綿。繊維長で約27.8-28.6ミリ程度。同じ米綿でもスーピマ綿が36.2ミリ程度の超長綿と比較すればその長さの違いは明らかです。
綿も品種改良が進み、一般的に50年前の綿と比べても数ミリ程度、繊維相場の基準繊維長も長くなっています。一方で、農作物はいくら品種改良をしようとも品質はその環境に大きく左右されるとも言われます。その為、今回はベーシック中のベーシックを極める為、米国アプランド綿を選びました。これを日本に輸入し、ビンテージジーンズに見られるムラ糸の形状をスキャンし糸形状を決めます。これもあまり強すぎないムラにコントロールしています。

完成した糸をロープ染色。下染め・後染め無しのピュアインディゴ染色。当然、糸を染めるには「何番」とか、その色番号やスペックがあるのですが、やはり綿自体によっても微妙に仕上がりの色が違います。今回、比較的赤みが少なく青みが強く出ているのが色の特徴。さらに、織布はミミ付の力織機。ローテンションで織ることで、ふっくらとした風合いになり、糸、さらには綿本来が持つキャラクターを消さないようにしています。完成した生地は防縮加工や毛羽を取り去る毛焼きは行わないキバタデニム。洗うと縮みねじれるのが特徴。ただ、出荷の前にはワンウォッシュ・乾燥機にかけてできる限り縮めてから送り出します。

 

 

夏はやっぱりデニムですよね。

太いデニムが最近は多くなっていますが
細いのが好きな人は一定数います。

そんな方達におすすめです。

 

週末お待ちしております。

それでは。

 

 

アンドフェブオリジナル通販サイト
【and Pheb Stor(E) — アンドフェブストア】
www.pheb.jp

【アンドフェブ楽天市場店】
https://www.rakuten.ne.jp/gold/smaclo/

【アンドフェブYahoo!ショッピング店】
https://shopping.geocities.jp/andpheb/

INTERIM


AUBETT

HERILL


MAINU


NEEDLES

 

タイトルとURLをコピーしました