今週末は盛り沢山 D

アプレッセ A.PRESSE


セール好評開催中

マークダウンして更に盛り上がっているサマーセール
店頭のみセールになっているものもありますので
是非、ご来店下さい。

 

さて、7月になり秋冬の納品が
各ブランドからはじまります。

今週末は、4ブランドを一斉に販売スタートにします。
今シーズンからはじまる新規のブランドもありますので
お楽しみに!

今日から、順次ブログとインスタで紹介していきますので
お見逃しなく。

まずは
7/16(金) 発売開始

 

ULTERIOR アルテリア
──────────────────────
「厳選した原料から作ったオリジナル素材を使用し、長く愛用できる上質なアイテムを提案する。」
サヴィー/salvy;のデザイナーを務めていた牧大輔による新ブランド「アルテリア(ULTERIOR)」。2019年秋冬シーズンより始動。
1980年代にアメリカで発行されていた「WET Magazine」の元編集長レナード・コーレン(Leonard Koren)による書籍「Wabi-Sabi」や谷崎潤一郎の随筆「陰翳礼讃」の世界観を意識し、日本人の根底にある美意識をアイテムに落とし込む。
特定の年齢層や性別といったターゲットは設定せず、必要最小限の機能を取り入れたベーシックなアイテムを、どこか違和感や不完全さを感じさせるデザイン。
──────────────────────

今回はスウェット、パーカー、スウェットパンツ。
ワイドパンツに、モックのロンT。
そしてお待ちかね、エッセンシャルラインの新作も。

 

 

続いて、ネペンテスから

NEEDLES ニードルズ
──────────────────────
「ネペンテスの創立者である清水慶三氏がデザインを手がけるブランド」
1995 年スタート。NEPENTHES 代表 清水慶三氏がデザインを手がける。 自身が長きに渡り世界各国でバイイングに携わり、またその経験によって熟成された世界観を投影するブランドとして発足。 パーソナルな視点からのコレクションは日本のみならず世界から注目されています。 また2010 年にはコレクション内の新たなラインとして「REBUILD by NEEDLES」を設立。 過去に大量生産され、現在では生かしにくい洋服を、リビルド(再構築)することにより新たな洋服へと蘇らせています。 さらに昨今では、世界で活躍するアーティストとのコラボレーションや、世界規模のフェスにも出店するなど活躍の場を広げている。
──────────────────────

 

ENGINEERED GARMENTS エンジニアドガーメンツ
──────────────────────
「ネペンテスNYの鈴木大器氏 自身の概念と感性、創造性による服作り」
1999年NY でスタート。NEPENTHES AMERICA INC.代表の鈴木大器がデザイナーを務める。 クラシックテーラリング、スポーツウェア、ワークウェア、アウトドアウェア、ミリタリーユニフォームなどを基軸に、自身の概念と感性、創造性による服作りを実現しており、 2004 年イタリア・フィレンツェにて開催される合同展示会「PITTI UOMO」に出展以降評価を高め、世界各国で取り扱われている。 2008 年にはCFDA ベストニューメンズウェアデザイナー賞を受賞。日本人初のCFDA メンバーとしてエントリーされている。 また現在では、自身のコレクションに加え、各メーカーと制作するコラボレーションアイテムも毎シーズン話題を呼んでいます。
──────────────────────

どちらのブランドも
発売日当日の入荷となりますので
店頭に出すのが少し遅れるかもしれませんが

皆大好きな、ジャージも入荷予定です!

 

そして、翌日
7/17(土) 発売開始
話題の、新規ブランド!

A.PRESSE アプレッセ
──────────────────────
「A.PRESSEとは、僕たちのワードローブに一軍入りできる服とは何かを考え、作ってしまおうというプロジェクト。」
色んな服を買っても結局いつものお気に入りを着てしまうという悩みを僕は抱えている。
だから僕のファッションはとても平凡で退屈なものだ。
率直に言うとお気に入りの数を増やしたい。
毎日着たいと思えるものが沢山欲しい。
服への願望としてはただそれだけだ。

古着屋さんを覗けば高確率でずっと着続けられそうな服を見つける事ができるのだけれど、
本当はそのビンテージに合わせる今モノの服が欲しいと思っている。
まわりのカッコイイ人たちはみんなそう、
新しいものと古いものを上手にミックスして着ていて憧れる。

これだけモノが溢れ情報も沢山あるのに、
一軍入りするお気に入りを見つけられないのはなぜ?

無駄な買い物にも疲れ果て、
僕はその謎を解明すべく、モノも作れて発信もできる編集部を作ることに決めた。

発売は2021年の秋冬より。
──────────────────────

今シーズン期待の新しいブランドです。
ブランド?
ブランドでありながら、編集部でもある。
洋服を作って売るだけではない新しい動き。
今までになかった感じ。

どうなるのかこれから楽しみ!
1stデリバリーは
シャツと、パンツから。

 

ご紹介の4ブランド以外にも
インテリムの入荷も予定しています。

追ってお知らせしますので
お見逃しなく。

では。

D

 

 

フェブオリジナル通販サイト
【and Pheb Stor(E) — アンドフェブストア】
www.pheb.jp

 

【フェブ楽天市場店】
https://www.rakuten.ne.jp/gold/smaclo/

 

【フェブYahoo!ショッピング店】
https://shopping.geocities.jp/pheb/

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました