STYLING SANPLE.AURALEEのコート。

こんにちは。ヌクイです。
11月も中旬に差し掛かり、ようやくファッションが一番楽しめる季節に。

ニットやパンツに加え、コートも冬素材に切り替えていく楽しさを日々感じています。

本日はオーラリーのコートをいつもと変わらないスタイルにサクッと着てみました。

COAT:AURALEE DOUBLE FACE CHECK SOUTIEN COLLAR COAT/98,000yen+tax

ブランドの定番ともなっている、オーラリーのチェックコート。
トラディショナルな落ち着いたブラウンチェックですが、色や光沢があり美しい。
モダンな印象も与える新感覚です。
ばっちり着込んでも上から着用できるゆとりのあるコート。
このくらいのオーバーな感じもなんだか着慣れてきましたね。

袖はピボットスリーブという珍しい形状。
元は狩猟用のジャケットの袖として、猟銃を構える時に動きを邪魔しないように設計されたもので、運動量のある立体感があります。

コンサバチェックコートもオーラリーとなると話は別。
野暮ったさとか、おじさんぽい感覚なんてものは全くなくて、モダンでさりげない高級感で毎日何と合わせようかなと、楽しくさせてくれます。
着ると欲しくなりますね。。。

KNIT:ANDERSEN-ANDERSEN NATURAL COLOR WOOL /42,000yen+tax

インナーには説明不要の最強ニットを着てます。
ナチュナルトープのカラーは自然なベージュとグレーがミックスされたような絶妙な色味。
合わせやすいので、パンツも選ばないし、とにかく暖かい。
優しい保温性はこれからの季節に必要不可欠なんです。

コートとの相性もいい感じ。シンプルな合わせが好みです。

PANTS:MAINU c/p Bombay Bloomers/37,000yen+tax

ほぼ毎日着てます笑。
綺麗なコートの合わせても、武骨なミリタリーとも。
若干のシワが出てきて、風合いも増してきました。
今季は穿きこみます。
こちらは、前回のブログで。

SHOES:JALAN SRIWIJAYA  PHEB別注 1663 Leather shoes

足元はジャランスリワヤ。
今年で何シーズン目でしょうか??
クラシックな木型の1663。
当店はレザーソールでオーダーしてます。
ガリガリとした日々の足音と、徐々にフィットするコルクに病みつきです。
僕もかれこれ8年くらい使っているものもありますが、そろそろ新調し直そうかなと、
やっぱり新品を履くと思っちゃいますね。

いつもの僕は基本的にコート以外こんな感じ。

まだコート買ってないよ。

って方は、

あったかいエスプレッソでも飲みながら、
ぜひともアンドフェブで一緒に悩みましょう。

フェブオリジナル通販サイト
【and Pheb Stor(E) — アンドフェブストア】

https://www.pheb.jp/


【PICK UP】  BATONER/バトナー


【NEW】  HERILL/ヘリル


【NEW】  STUDIO NICHOLSON/スタジオ ニコルソン


【NEW】  CIOTA/シオタ


【NEW】  ULTERIOR/アルテリア


【PICK UP】  MAINU/マイヌ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus