寒くなったらやっぱりアンデルセンアンデルセン!!col:OFF WHITE

アンデルセンアンデルセン/ANDERSEN ANDERSEN

12月に入り今年も残り僅かとなってきました。

寒い季節にはやっぱりこのニット!!という事で本日は人気のアンデルセンアンデルセンを着用してみました。

全カラー着用ブログをご紹介!!

真冬の最強ニットはやっぱりこちらのリブニット!!

自分らしい1色をこの機会にいかかでしょうか!!

 

 

 

 

 

アンデルセン アンデルセン/ANDERSEN-ANDERSEN 

イタリア製 ”5GG THE NAVY CREW NECK” セーラークルーネックセーター ニット 

(AD-002) 

PRICE:42000yen+tax

 

COAT:オーラリー/AURALEE 日本製 ビーバーメルトン ピーコート BEAVER MELTON P-COAT (A7AC01BM-P-COAT)

PANTS:テンダー/TENDER Co. 英国製 ”PRUSSIAN BLUE DENIM WIDE” プルシアンブルー染め ワイドデニム ジーンズ (132-WIDE-PRUSSIAN)

海洋国家デンマークの伝統的なニット文化を後世に残して行きたいという思いから2009年に設立されたオーセンティックなニットブランド「アンデルセン アンデルセン/ANDERSEN-ANDERSEN」。
クラシックで高度な製法にて作られており、別々に編んだパーツを裏側で繋ぐような簡易な作りでは無く、編み方や方向を変化させながら一気に編み立てるというコストを無視した作り。生地にはイタリア紡績の上質なメリノウールを重厚にざっくりと5ゲージで編み上げられたモノを使用しているため重厚でありながら上品な風合いが際立っている。
その本体はずっしりと重く、総重量1.0kg以上はある、かなりのヘビーウェイト。繊細な作りでありながらも伝統的で無骨で男らしい完成度は魅力。
また袖先には親指を通す穴が開いており、寒い日には袖先が簡易的なグローブになるのもポイント。
また前後のデザインが同じ作りとなっているため、前後を区別をすることなく着用可。これは忙しい船員達が素早く着られるように作られたデザインであり、海軍の古いセーター等とも同様である。様々なフィッシャーマンセーターの原型と言われているガンジーセーターからのルーツを現代で再現した最高の1着です。

 

 

落ち着いたオフホワイトは全体の印象を柔らかくしてくれます。

オーバーコートのインナーにワイドデニムの合わせもしっくりと馴染みます。

今季はベージュやブラウンのカラーと合わせて、落ち着いた表情で楽しんでみてはいかがでしょう♪

 

ぜひとも店頭でご試着を!!

 

 


タイトルとURLをコピーしました