フィルメランジェのサーマル張りパーカーJEFF

こんにちは

極まりにも陰りが見えだした

フェブの

どいです。

久々のブログで恐縮です。

前回のブログ

しりとりではじまるテーマの
お話をオープニングに。

という事でしたが
間があき過ぎていて。。。

前回はルーキーでしたので

今回は「キ」から始まることを。

いい動画を見付けました。
「Camp Takes U/キャンプテイクスユー」

2-tacsの本間良二氏による
三浦雄一郎氏と、小-林節正氏へのインタビューです。

普段雑誌で見ている方々の
動く姿を見れるというのは
ファッション業界で働いていながらも
やはりなんだか厨二心をくすぐられてしまうのです。

こんな声してんだとか
こういう風に話すんだなーとか

昔は店に行ったらたまたま居て
おおカリスマだぁみたいなことが
今はとても身近になったんだなあと感じるこの頃です。

※インドア派であることはここでは控えておきましょう。

。。。という訳で次は
「ユ」からはじまる何かです。

楽しみにはせずに。

さて、長くなりましたが本日ご紹介するのはこちら。

$「アンドフェブ/and pheb」ブログ by pheb international

$「アンドフェブ/and pheb」ブログ by pheb international

フィルメランジェ/FILMELANGE
”ジェフ”フルジップパーカー
【FM-JEFF】
29,400円

※身長:約175cm/体重:約60kg 3(M)サイズ着用

先日のヌクイ氏による

アンドフェブのパーカー推し宣言により

「どいさんもパーカーのブログを書いて下さい。どうせいつも着てるんだから」

というプレッシャーを受け
個人的に今季のシーズンモノで
一番気に入っているパーカーをチョイスしました。

(シーズンモノに限定しなければ
 確実に一番はチャンピオンのリバースウィーブですが。)

「アンドフェブ/and pheb」ブログ by pheb international

「アンドフェブ/and pheb」ブログ by pheb international

$「アンドフェブ/and pheb」ブログ by pheb international

最近リリースされている日本製のパーカーと言えば
腕も身幅も細身でシュッとしたシルエットのモノがほとんどです。

もちろんそれもいいのですが
そこの良さは若い者に託すとして
やはり少しぽてっとしたシルエットが気になるのです。

そういう意味でフィルメランジェは
その辺りうまいなぁと感心します。

もちろん、野暮ったくはなく
かと言っていやらしくない
絶妙な加減。

そして言わずもがなの上質な吊り裏毛。

スウェットに特化したブランドとしてのプライド。

「アンドフェブ/and pheb」ブログ by pheb international

以下、生地の説明(商品ページより抜粋)。

生地には表面に超長綿糸の製造工程でふるい落とされた
良質な綿の繊維を集め50%の新彊(トルファン)綿と掛け合わせて紡績された
リサイクルコットン「ラフィー」を採用。
裏面にはオーガニックコットンを使用した吊り裏毛生地。

。。。専門用語が多すぎて分かりません。

結局どれだけの方がわかって買っているかと問われれば
それは疑問です。

でも、それでいいと思うのです。

買っていかれる方や着ている方のほとんどは

「とにかく着心地が良いこと」

に尽きるのではないでしょうか。

吊り編み機で織られた裏毛は
現行の編み機(シンカー)とは全然違う
位まではいいのですが

どこの国のオーガニックコットンはドライな質感だ、とか!
落ちた不揃いの糸を撚ったムラのある糸を使って、とか!
表面は何番の糸で、裏面は何番の糸を使ってるだ、とか!
そういうことはあくまで過程であって

そんな過程をすっ飛ばして

「とにかく着心地が良いこと」

に皆が共感しているということが
フィルメランジェのすごい所だと思います。

ちなみに、ヴィンテージの裏毛を忠実に復刻する
をテーマに裏毛を作っているブランドもありますが
フィルメランジェは少し違うものだと思っています。
ただの懐古主義ではないのです。

ああ、偉そうなことを言っていたら
長くなってきました。。

「アンドフェブ/and pheb」ブログ by pheb international

「アンドフェブ/and pheb」ブログ by pheb international

特徴的なモザイク柄のririジッパーの話しや
裏サーマルのパーカーがいかに実用性が高いか
(事実所有しているパーカーの半分以上が
裏サーマルかダブルフェイス!)
などを書きたかったのですが
また次の機会にします。

$「アンドフェブ/and pheb」ブログ by pheb international

それでも最後にこれは言っておかなければならない。
<
br>
結構高いということ。

昔の職場で先輩が言っていました。

「世の中には高いから売れるものがある」

高いはずのものが、安いと売れると思うものですが
経験上、そうでもない。

ここまでこだわっているものは
きちんと高くするということも大切。

そして高いものは
実際に店頭で手に取っていただく
それが大切なことだと思うのです。

本日ご紹介の商品について
詳細は下記のリンクよりどうぞ♪

ヤフー店で詳細を見る

楽天市場店で詳細を見る

商品についてなどお気軽にお問い合わせ下さい♪

アンドフェブへのお問い合わせ
 TEL: 03-5929-9757
 MAIL: andpheb@pheb.jp
 ADDRESS: 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南 4-24-11-103
 OPEN: 13:00~20:00

では。

PS.

オープニングテーマの「キ」からはじまること
もうひとつ候補がありました。

$「アンドフェブ/and pheb」ブログ by pheb international

ハロー「キティ」ハローウィンver.
by ミスタートーナッツ

そのえ嬢にいただきました。
(恐縮すぎてそのえ嬢と呼んだことはありませんが。。)

ありがとうございます!!

という訳で次回は「ユ」ですー。

では。

-------------------------------------------

■ヤフー店オープンしました!

ヤフー店オープンしました!
フェブインターナショナル ヤフー店
http://store.shopping.yahoo.co.jp/pheb/index.html

宜しくお願い致します。

-------------------------------------------

■スタッフ募集

時給900円からのスタート!
※能力に応じて準社員・社員へ

店舗販売スタッフ
13:00~18:00※多少前後あり

商品出荷・検品スタッフ
11:00~14:00※多少前後あり

男性(2名)
女性(1名)
高卒以上35歳位迄の方。

詳細は下記までお願いします

TEL:03-5929-9757
メール:kogo@pheb.jp

担当:向後(コウゴ)・明日(ヌクイ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus